■プロフィール

谷口隆

Author:谷口隆
数学を題材に綴るというちょっと変なブログですが,楽しんでいただけたらと思います.いろいろな数学を取り上げ文字に起こすことで,『数学とはどんなものか?』ということを,読者の方と一緒に考えていきたいと思っています.本人は,整数論という数学の一分野を研究しています.1977年生まれ.
今まで書いたもの一覧



連載コラム『数学者的思考回路』
(裳華房ウェブサイト,共著)

■カテゴリー別
■新しいコメント
■リンク
■RSSリンクの表示
■カウンター

ダミーの更新
更新が滞ると広告が表示されてひどく読みにくくなるので、ダミーで更新します。すみません。

未分類 | 10:29:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
かけざんかけざん
昨夕の「1時間=?秒」問題に引き続き、今夜寝る前の会話。

私:30x5は?
子:えーと。90。
私:そうか?30x5やで。
子:まだかけ算そんな知らんねん。
子:えーと‥
(15秒経過)
子:6+9は‥
私:?
(再び15秒経過)
子:‥
私:30x5は?
子:いま足し算やってるねん。
私:?
子:6+9は‥
私:‥‥
(30秒経過)
子:150!
私:正解っ!(やっとったんかいっ!)


九九の3x5=15は知っている。でも30x5になるとこれが使えなくなる。3x5を3x2と3x3の和として計算してなんとか15を出し、それから10倍したらしい。

かけ算どいだけ難しいねん。

未分類 | 04:15:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
位取りの次は掛け算が
子:ねぇパパ。1時間って何秒?
私:おー。それはいい問題やなぁ。
私:1時間は何分?
子:60分。
私:じゃあ1分は何秒?
子:60秒。
私:じゃあ、1時間は何秒ってことになるかな。
子:‥‥
私:掛け算でゆぅたらどうなる?
子:‥600秒!?
私:(うーん。)それは10分とちゃう?
子:(そうかも、みたいな表情)
私:1時間やで。計算せんでもいいねん。掛け算にならへんかな?
子:分かんない(><)


これまでは十進法と位取り記法の難しさが際立っていましたが、ここ半年ぐらいで、掛け算の立式の難しさが目立ってきました。少しずつの進歩はあり、以前は足し上げていたものを掛け算で数える、といった場面はありますが、掛け算は比例の概念にも発展していくものでもあり、なかなか奥が深く、難しいです。まだまだ途上にあります。

答えを知りたがっていたので、3600秒と教えてあげるとずいぶん喜んでいました。

ちなみにその後の会話:

子:じゃあ100万時間は何秒?
私:3億6千万秒かな。
子:えぇ!
私:あれ。いやちゃうわ。36億秒や。
子:うぇ!!
子:じゃあ10億時間は何秒?
私:3兆6千億秒。
子:えぇぇ!!
子:じゃあ、1億6千6百6万6‥いや、1億6千6百6十万‥あれ?えっとー

(以下何やら続く)

最後、なぜ1666666…の数を考え始めたのかはよく分かりませんでしたが、どうも本人は大きな数に興味がいったみたいでした。

未分類 | 00:48:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad