■プロフィール

谷口隆

Author:谷口隆
数学を題材に綴るというちょっと変なブログですが,楽しんでいただけたらと思います.いろいろな数学を取り上げ文字に起こすことで,『数学とはどんなものか?』ということを,読者の方と一緒に考えていきたいと思っています.本人は,整数論という数学の一分野を研究しています.1977年生まれ.
今まで書いたもの一覧



連載コラム『数学者的思考回路』
(裳華房ウェブサイト,共著)

■カテゴリー別
■新しいコメント
■リンク
■RSSリンクの表示
■カウンター

数学者的思考回路・第17回
裳華房の連載コラム第17回が配信されています.今回は「子供と学ぶ二度目の算数」という題で執筆しました.


子供を育てることは人生を二度生きるようなものだと言われることがあるそうです.我が子が数の感覚や概念を身につけていくプロセスでの試行錯誤や紆余曲折を見ていると,自分もこうだったのかな,と思うことがあります.一緒に算数をしていて,「あたりまえ」と思っていたことがあまりそうでもないと気づかされることもあり,もう一度算数を学び直している気分になったりもします.そんなエピソードをいくつか綴ってみました.よければご覧ください.記事はこちらから⇒子供と学ぶ二度目の算数


なお,記事に書いたような子供との接し方を,全て自分で考え出したわけではありません.本も何冊か手に取ってみたのですが,特に興味深かった二冊について,ここにメモしておこうと思います.

[1] 『マインドストーム --- 子供、コンピューター、そして強力なアイディア』
   (シーモア・パパート著,奥村貴世子訳,未來社).
[2] 『ピアジェ理論と幼児教育の実践』
   (デブリーズ / コールバーグ著,加藤泰彦監訳,北大路書房)

[1]の著者パパートは人工知能学と教育コンピューティングに大きな影響を与えた数学者です.このブログでも,以前に紹介しました.[2]では,子供の誤りを尊重し,誤りの本質を理解することが大切であると強調されています.下巻第7章が数と算数の章です.

  


数学者的思考回路 | 09:10:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
数学者的思考回路・第15回
裳華房の連載コラム第15回が配信されています.今回は「平面に目盛られた数」という題で執筆しました.



あたかも実数を数直線に目盛ったかのように,複素数を平面に目盛るという考え方があります.現在では高校数学でも扱われる内容(*指導要領にもよります)ですが,その起源はなかなか新しいものです.例えば,


を発見し,自在に操ったオイラー(1707--1783)も,複素数平面を考えた形跡は,彼の書き物からは見当たりません.

今回は,平面表示という着想の端緒を探ってみました.よろしければご覧ください.記事はこちらから⇒平面に目盛られた数



数学者的思考回路 | 15:23:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
数学者的思考回路・第14回
裳華房の連載コラム第14回が配信されています.「Eureka! ~眠りの中で~ 」という題で,もう一人の連載著者である大野さんによる執筆です.



多くの研究では何度も壁を突破し,ゴールへとたどり着きます.今回はそうした突破の場面から,著者である大野さんがかつて経験したひらめきの訪れについてのお話です.

よろしければご覧ください.記事はこちらから⇒Eureka! ~眠りの中で~

数学者的思考回路 | 04:03:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
数学者的思考回路・第12回
裳華房の連載コラム第12回が配信されています.「母なる関数、母関数」という題で,もう一人の連載著者である大野さんによる執筆です.


数列を扱う際に力強い道具となる母関数.数学に留まらず,広範な分野に顔を見せます.今回は,二項係数や等比数列を例とした,この母関数のすばらしさのお話です.

よろしければご覧ください.記事はこちらから⇒母なる関数、母関数

数学者的思考回路 | 08:02:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
数学者的思考回路・第11回
裳華房の連載コラム第10回が配信されています.今回は「もっとバラバラ算」という題で執筆しました.



連載コラムの第8回は,数を桁でバラバラにして考える算法「バラバラ算」の紹介でした.この,数をバラすことで起きる不思議は,どうやら他にもいろいろあるようです.今回は第8回とは少し違ったバラバラ算を考えてみました.

よろしければご覧ください.記事はこちらから⇒もっとバラバラ算

数学者的思考回路 | 10:27:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad