■プロフィール

谷口隆

Author:谷口隆
数学を題材に綴るというちょっと変なブログですが,楽しんでいただけたらと思います.いろいろな数学を取り上げ文字に起こすことで,『数学とはどんなものか?』ということを,読者の方と一緒に考えていきたいと思っています.本人は,整数論という数学の一分野を研究しています.1977年生まれ.
今まで書いたもの一覧



連載コラム『数学者的思考回路』
(裳華房ウェブサイト,共著)

■カテゴリー別
■新しいコメント
■リンク
■RSSリンクの表示
■カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
数学者的思考回路・第6回
裳華房の連載コラム第6回が配信されています.今月はもう一人の著者である大野さんの執筆で,タイトルは『“夢中”へのスイッチ 』です.


好奇心に誘われた数学者の行動についてのおはなしです.
よければご覧ください.記事はこちらから⇒ “夢中”へのスイッチ

スポンサーサイト
数学者的思考回路 | 10:23:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
数学者的思考回路・第5回
裳華房の連載コラム第5回が配信されています.前回の続編です.「素数定理を紐解く~後編~」という題で,大野さんと共同で執筆しました,


19世紀以降に整数論が数学の一分野として確立してくのですが,その中で,平方剰余の相互法則素数定理は大きな役割を果たしました.それぞれ,代数的整数論,解析的整数論と呼ばれる分野の源流となったものです.平方剰余の相互法則前回書いた通り,数学セミナーの2016年2月号に解説記事を寄稿する縁がありました.今回の連載コラムでは,素数定理についてなるべく分かりやすく書いてみました.この時代の数学を振り返ると,素数定理が「複素数の微積分」の理論の発展と結びついていた,という意外な繋がりも見えてきます.

よければご覧ください.記事はこちらから⇒ 素数定理を紐解く~後編~

数学者的思考回路 | 09:15:23 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。