■プロフィール

谷口隆

Author:谷口隆
数学を題材に綴るというちょっと変なブログですが,楽しんでいただけたらと思います.いろいろな数学を取り上げ文字に起こすことで,『数学とはどんなものか?』ということを,読者の方と一緒に考えていきたいと思っています.本人は,整数論という数学の一分野を研究しています.1977年生まれ.
今まで書いたもの一覧



連載コラム『数学者的思考回路』
(裳華房ウェブサイト,共著)

■カテゴリー別
■新しいコメント
■リンク
■RSSリンクの表示
■カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
数学者的思考回路・第7回
裳華房の連載コラム第7回が配信されています.「ふたご素数」という題で,大野さんと共同で執筆しました,



双子(ふたご)素数という,ちょっとかわいらしい名前のついた素数があります.差が2である素数の組のことで,イラストにある3と5, 5と7, 11と13などがその例です.無限組あるのではないかと考えられていますが,まだ証明はされておらず,素数についての第一級の難問として有名です.

その一方で,x以下の双子素数の組の個数がどれぐらいかを見積もる関数を考えることができます.発想は素数定理の延長線上にあります.今回はその関数の考え方を説明し,数値の比較について書きました.双子素数が無限個あることの証明の難しさと,この関数の近似精度のよさが,見事なコントラストを生んでいると思います.

よろしければご覧ください.記事はこちらから⇒ふたご素数

数学者的思考回路 | 18:04:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。