■プロフィール

谷口隆

Author:谷口隆
数学を題材に綴るというちょっと変なブログですが,楽しんでいただけたらと思います.いろいろな数学を取り上げ文字に起こすことで,『数学とはどんなものか?』ということを,読者の方と一緒に考えていきたいと思っています.本人は,整数論という数学の一分野を研究しています.1977年生まれ.
今まで書いたもの一覧



連載コラム『数学者的思考回路』
(裳華房ウェブサイト,共著)

■カテゴリー別
■新しいコメント
■リンク
■RSSリンクの表示
■カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
数学者的思考回路・第15回
裳華房の連載コラム第15回が配信されています.今回は「平面に目盛られた数」という題で執筆しました.



あたかも実数を数直線に目盛ったかのように,複素数を平面に目盛るという考え方があります.現在では高校数学でも扱われる内容(*指導要領にもよります)ですが,その起源はなかなか新しいものです.例えば,


を発見し,自在に操ったオイラー(1707--1783)も,複素数平面を考えた形跡は,彼の書き物からは見当たりません.

今回は,平面表示という着想の端緒を探ってみました.よろしければご覧ください.記事はこちらから⇒平面に目盛られた数



数学者的思考回路 | 15:23:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。