■プロフィール

谷口隆

Author:谷口隆
数学を題材に綴るというちょっと変なブログですが,楽しんでいただけたらと思います.いろいろな数学を取り上げ文字に起こすことで,『数学とはどんなものか?』ということを,読者の方と一緒に考えていきたいと思っています.本人は,整数論という数学の一分野を研究しています.1977年生まれ.
今まで書いたもの一覧



連載コラム『数学者的思考回路』
(裳華房ウェブサイト,共著)

■カテゴリー別
■新しいコメント
■リンク
■RSSリンクの表示
■カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
続・子供と学ぶ二度目の算数
昨晩の出来事。

小学1年生の子供が、算数の問題集の前の方に、間違いが1つ残っているのを見つけた。解きなおしたくなったらしく、妻と一緒に考え始めた。


このようなカレンダーが載っていて、「15日の4日あとは?」という問題。子供は11日と書いていて、ペケがついている。

●   ●
 妻:15日の4日あとは?
 子:11日。
 妻:それは4日まえとちゃう?
 子:ん?
 妻:んー、じゃあね、15日の4日まえやったら?
 子:んー、11日。
 妻:でしょ。じゃあ、15日の4日あとは?
 子:11日!
 妻:( ̄□ ̄)!!それは4日まえとちゃう?
 子:ん??

ここで妻から、「どうしたらええのん?」とバトンパスされた。私としては一瞬、ここまで子供なりの理屈があって11日にしてる以上、まぁもうしばらくは11日のままでもいいんじゃないか(やむを得ないんじゃないか)とさえ思ったが、子供の方が何でペケになっているか理由を知りたがっている。えーっと、でもどうしましょうかねぇ。。じゃあまず‥


 私:3日の2日まえは?
 子:1日。
 私:じゃあ3日の2日あとは?
 子:1日。



なるほどねぇ。どっちも同じ答えになるのか。うーん、では‥


 私:7日の2日まえは?
 子:5日。
 私:(ふと思いついて)じゃあ7日のあさっては?
 子:んー、9日。
 私:(おっ、後ろになった。)じゃあ7日のあさってのあさってのあさっては??
 子:!!分からん!
 私:そうか。(ちょっと悪ノリだったか。)じゃあ、7日の、あさってのあさって、やったら?
 子:んーと、11日。
 私:じゃあそれのあさってやったら?
 子:あぁ、13日か。
 私:じゃあ、7日の4日あとは?
 子:11日。
 私:(あらできた。)じゃあ‥
 子:(問題集に目を向けて)あ、19日か。19日やなぁ (*^-^)



と、ここで正解が分かったらしい。子供はここで満足したようだ。

●   ●

これで「15日の4日後は?」という問題が理解できたとはまだ言えない。こんなに誘導を重ねてやっとできたのだから。今日は正答への道筋をともかく辿れたというぐらいだ。自分一人でも辿れるようになるか。もちろん、こんな回りくどい道でなくてよいはずで、一旦分かれば簡単だろう。ひょっとすると数日のうちにできるようになるかも知れない。でも構成論的に考えると、それと並んで大事なのは、4日前と4日後で同じ答えになったこと、それに違和感がなかった思考の調整だと思われる。子どもなりに考え、あれだけ整然と答えていたわけで、この思考の調整には結構時間がかかるかも知れない。大人としてはここは、たまに必要なときの支援をしながら、ゆっくり待つのがいいように思う。この調整のプロセスが長いのであれば、きっとその分、そこで子供は多くことを学ぶのだろうから。

●   ●

(追記)しかし、何で4日前も4日後も11日になったのか。それはよく分からんかった。




数日後、子供にさりげない"聞き取り調査"をして、誤解の原因が判明した。(注:調査方法は、「8時半の10分まえは?」「10分あとは?」など類題を出すというもの。)「あさって」で正解が答えられた子供は、過去と未来の区別はできていたが、「あと」が未来を表すということがよく分かっていなかったらしい。国語も大事だ。
コラム | 09:05:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。