■プロフィール

谷口隆

Author:谷口隆
数学を題材に綴るというちょっと変なブログですが,楽しんでいただけたらと思います.いろいろな数学を取り上げ文字に起こすことで,『数学とはどんなものか?』ということを,読者の方と一緒に考えていきたいと思っています.本人は,整数論という数学の一分野を研究しています.1977年生まれ.
今まで書いたもの一覧



連載コラム『数学者的思考回路』
(裳華房ウェブサイト,共著)

■カテゴリー別
■新しいコメント
■リンク
■RSSリンクの表示
■カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
宮本先生の連載『「賢い子ども」の育て方』
「宮本算数教室」主宰の宮本哲也先生が、学研キッズネットに連載をしている。

「賢い子ども」の育て方

宮本先生のパズルはずっと以前に紹介したことがある。宮本先生の算数パズルはよくできていてすごいなぁと思うが、僕は以前から、宮本先生の文章も好きだった。文章中に無駄な文がなく、文の順序もとても適切だと思う。だから論点がとてもすっきりと読み取れる。そして、そもそも算数とはどのようなものか、そして子供がその算数をどのように学んでいくのがよいか、そのために親(大人)はどう関わるべきか、ということに関して、僕の考えと共鳴する部分がかなり多い。もちろん異なる人間なので、細部で見解が違う部分もあるだろうし、どの側面をどれぐらい重視するかという点で異なることもないわけじゃない。でも僕が知らないこともたくさん書いてあるし、説明がクリアで、とても勉強になる。

日経DUALに宮本先生の『算数ができる子は幸せになる! 2大禁止項目とは』という記事があるのを知って読もうと思ったら、有料で、1つの記事を読むにはちょっと高かった。読みたいけどなぁ~と思いつつネットを辿ってて見つけたのが、冒頭の学研の連載。

この連載の中には、バイオリン少年やサッカー少年の話(2017/1/25付)や、さまざまなことに挑戦する話(2016/5/20付)、自分の人生を生きる話(2016/4/13付)など、人生に関わるような、算数よりは少し大きなテーマが中心になるものもある。ちょっと意外に思われるかも知れないが、これも至極当然のことだと思う。人生をどうするかといったもともと重要な問題と無関係なこととして、算数を学ぶことについてだけ考えるということが、そもそも意味をなさないからだ。

これはインタビューだけれども、別のサイトにある10年以上の記事『中学受験は子どもにとって正しい選択か?』も面白い。(写真を見ると、今はこのときよりだいぶ痩せられたみたいだナ。)

バイオリン少年の話が出てくる記事『第11回 没頭力を鍛える』は次の言葉で始まる。

子どもが何かに没頭している時間は自分の意志で生命力を磨いている宝の時間なので、どれほど親の趣味とかけ離れていても決して邪魔をしてはいけません。

素晴らしい一文なのではないかと思う。たとえば幼児教育のモンテッソーリでも、子供の集中を妨げないことの重要性が強調される。通ずるものがあるのだろう。

本などの紹介 | 01:43:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。