■プロフィール

谷口隆

Author:谷口隆
数学を題材に綴るというちょっと変なブログですが,楽しんでいただけたらと思います.いろいろな数学を取り上げ文字に起こすことで,『数学とはどんなものか?』ということを,読者の方と一緒に考えていきたいと思っています.本人は,整数論という数学の一分野を研究しています.1977年生まれ.
今まで書いたもの一覧



連載コラム『数学者的思考回路』
(裳華房ウェブサイト,共著)

■カテゴリー別
■新しいコメント
■リンク
■RSSリンクの表示
■カウンター

位取りの難しさ
2年生になった娘ですが、一昨日の宿題で、「10を45個集めた数はいくつですか?」という問題に405と答えていました。10が40個で400まではよかったのですが、そのあともう5個というのが50にできずに5を加えてしまったんだろうと、まぁ見当はつきました。子供と次のような会話をしました。

私:ん?ちょっと待って。それホンマかな?
子:え?合ってるで。
私:そうかな、違うような気がするけど。
子:だって10を45個なんやで。だからヨンヒャクゴやん。


間違っているとは露ほども思っていない様子です。

私:じゃあ10が40個やったら?
子:ヨンヒャク。
私:そやな。じゃあ10が41個やったら?
子:ヨンヒャクイチ。
私:そう?
子:うん。
私:10が41個っていうことは、40個よりもう1個多いってことやで。
子:うん、だからヨンヒャクイチ。
  ‥‥あぁちゃうわちゃうわ、ヨンヒャクジュウや (*^^*)
私:そうそう。じゃあ10が45個やったら?
子:えーと、ヨンヒャクゴジュウ (^^)

わりとご機嫌に書き直していたので、誘導はまぁうまくできてよかったなと思います。

●   ●

位取りの難しさについては、『子供と学ぶ二度目の算数』の24と42のエピソードも含め、子供と算数をする中で幾度となく考えさせられ、よく分かっているいるつもりでした。しかしもうさすがに、買い物など多様な場面で何度も数字を見、操作してきているので、まだこんな間違い方をするのか、そしてちょっと指摘するだけでは間違いに気づけないのかと、この件では少しビックリしました。私の子供がそこまで鈍いのではきっとなくて、位取りの方が難しいのだろうと思います。

こういうことは、子供が自分で納得できるまで落ち着いて考えることが大切で、また、よく理解できないまま飲み込むのは将来的にはよくないだろうという感覚があります。ですので、いつになったら間違いなくできるようになるのだろう、という気持ちがないわけではないのですが、気長に待つこととします。

未分類 | 09:16:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad