■プロフィール

谷口隆

Author:谷口隆
数学を題材に綴るというちょっと変なブログですが,楽しんでいただけたらと思います.いろいろな数学を取り上げ文字に起こすことで,『数学とはどんなものか?』ということを,読者の方と一緒に考えていきたいと思っています.本人は,整数論という数学の一分野を研究しています.1977年生まれ.
今まで書いたもの一覧



連載コラム『数学者的思考回路』
(裳華房ウェブサイト,共著)

■カテゴリー別
■新しいコメント
■リンク
■RSSリンクの表示
■カウンター

秋入学の話のその後
*数学と関係ありませんが,以前の東大の秋入学検討のニュースについての続きです.東大が秋入学への全面移行を検討しているというニュースが流れて1年余りたちました.その後の話の展開を簡単にお知らせしたいと思います.

結果から言えば,全面移行というのはなかなか難しいようで,例えば今年1月の読売オンラインの記事によれば,東大総長(学長)は会見で「大学だけではなく、社会の条件が整わないといけない。事実認識としては困難だ」と述べたそうです.また,朝日新聞と河合塾の共同調査「ひらく 日本の大学」の調査結果によると,全国の大学のうち,自分の大学に全面秋入学に実現性があると答えた大学は14%だったようです.

東大はこれを受けて,春入学を維持したまま,正規の授業を秋から始める学期スケジュールの導入を検討しているとのことです(
東大の発表).この案についても気になる点はありますが,ここでは論じません.詳しく知りたい方は,例えばここの"10月28日追記"をご覧ください.

秋入学への全面移行で問題なのは,就職活動や国家試験の時期とのずれもありますが,全学生が半年間待機を強いられることも大きいように思います.(この間,肩書きは「入学予定者」になるそうです.)自己管理は大変ですし,必死の受験勉強で伸びた思考力や知識量も,半年もたつとずいぶん落ちてしまうでしょう.半年間放り出されて,中には何か思わぬものと出会う人もいるかも知れません.でも一般的によいことかどうか,私自身は懐疑的です---が,人によって考え方はいろいろだと思いますので,読者の皆さまもどんなふうになるか,この機会に少し想像を巡らせていただければ嬉しく思います.

東大の広報をみる限り,この点については説得力のある議論がなく,問題であることの説明らしい説明もないのが気になります.推進する立場からは,都合の悪いことを敢えて明示するのはやりにくい??ということかも知れません.が,秋入学は一旦実施するともう二度と戻せないものですし,"つけ"は将来回ってくるのだから,公平で客観的な議論が望まれます.ただ,去年にブログを書いたときは,東大の発表で「急務」「加速」「待ったなし」といった急いでいる様子の言葉が多く,展開の速さや他大学への波及を心配していました.全国の大学に議論もなく秋入学が広がったら大丈夫だろうか,と思っていたので,検討の結果「実現は簡単でない」「メリットは明らかでない」「メリットがあるとは思わない」等とした大学が多かったのは少しほっとしています.

この話,秋から学年が始まる世界標準に合わせる,ということが出発点でした.そもそも,小中高も含め全て秋入学にすれば空白はできないわけで,全部秋入学にしてはどうか?という案があります.素朴に考えるとまず浮かぶ案はこちらですし,実は個人的にも,全部変えられるんだったら,秋にするといいのではないかと思っています.が,これは変更の規模が桁違いで,いろいろ大変過ぎるということで話がなかなか進まないようです---私も少し想像してみましたが,確かに相当の大事業になりそうです.

前回も割と唐突に持ち上がった話だったので,今後も突然の動きがあるかも知れませんが,今のところこのような状況のようです.特に結論はありませんが,以上ご報告まで.

数学以外 | 21:32:46 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ご無沙汰しています。

バカっぽい意見になるのですが、、、

桜の咲く中で新たなスタートをする、というのは、味わい深くていいなぁ、と思うのですが、そんなに悠長なことが言えないぐらい切実な問題なんですかね。。。
2013-04-05 金 10:27:35 | URL | かみの [編集]
ご無沙汰しています.どうも書き込みをありがとう!

桜の情景の中で入学というのは,一つ一つは奥ゆかしいと思うけれど,日本で(だいたい)誰もがその印象になってるっていうのは,ちょっと単色じゃないかなとも思うんだよね.人によって,地域によって,いろんな風景の中に入学があるのもいいような気がするのだけど,どうだろう.
2013-04-09 火 23:00:11 | URL | 谷口隆 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad