■プロフィール

谷口隆

Author:谷口隆
数学を題材に綴るというちょっと変なブログですが,楽しんでいただけたらと思います.いろいろな数学を取り上げ文字に起こすことで,『数学とはどんなものか?』ということを,読者の方と一緒に考えていきたいと思っています.本人は,整数論という数学の一分野を研究しています.1977年生まれ.
今まで書いたもの一覧



連載コラム『数学者的思考回路』
(裳華房ウェブサイト,共著)

■カテゴリー別
■新しいコメント
■リンク
■RSSリンクの表示
■カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
BIRS -- カナダにある数学研究所
カナダのバンフ(Banff)というところに来ています.ロッキー山脈の中腹にある景勝地で,標高が1500メートルぐらいあります.バース(BIRS, Banff International Research Station)という数学研究所の研究集会に参加していました.簡単ながら,今日も写真を数枚ご紹介.

●   ●

ロッキー山脈を背後にした会場の建物.



ここが会場.ここで行われる研究集会は小~中規模で,集会の定員は42名(まで)だそうです.



ゲストハウスにあるラウンジ.ビールやワインも買うことができ,夜にはくつろいで話ができます.左の棚には碁盤が見えます.(囲碁は,数学者には国境を越えて人気があるみたいです.)

以前に紹介した,ドイツのオーベルヴォルバッハ数学研究所に似ています.というか正確には,後で触れますが,オーベルヴォルバッハを一つのモデルとしてできた研究所です.

●   ●

プログラムが終わってから夕食まで,毎日少し時間があります.遊歩道に沿って山に登りました. Bow river という川がとてもきれいに見えるのですが,川の下の方に何やら‥


何と,川を渡るシカでした.

手つかずの自然に囲まれた環境です.実際,バンフは町全体が国立公園の中にあり,最近は,近くの国立公園と共に世界遺産に指定されたそうです.歩くどこもがすばらしい景観でした.



●   ●

バンフには,バンフセンター(英語サイト)という,音楽,絵,舞台芸術などの文化的な活動を受け入れ・支援している大型の施設があります.研究所BIRSはその一角にあります --- ということは,まぁここでは,数学も文化的な創作活動の一つと見なされているということかも知れません.

バンフセンター自体の設立は1933年ですが,BIRSができたのはかなり最近の,2003年のことです.ドイツのオーベルヴォルバッハ数学研究所やフランスの Luminy という数学研究所をモデルに,それに負けないような研究所が北米にも欲しいという声が高まり,カナダとアメリカの国際的な協力で実現したそうです.(そして,今はメキシコもスポンサーに加わっています.)食事もよく,またバンフセンターの中にはフィットネスジム,バー,高級レストランなども備わっています.非常に快適な環境で素晴らしかったのですが,これまでに注がれてきた資金の総量が桁違いなような気がして,何というか,ちょっと唖然ともさせられた滞在でした.

写真 | 02:10:08 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
ありがとうございました
小学校で算数を教えています。疑問があって、調べているうちに、このブログにたどり着きました。
解決しました。ありがとうございます。
バンフは素晴らしいところですね。このような所で数学ができるというのは、夢のよう・・・・・。
2013-10-22 火 08:16:22 | URL | みき [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。