■プロフィール

谷口隆

Author:谷口隆
数学を題材に綴るというちょっと変なブログですが,楽しんでいただけたらと思います.いろいろな数学を取り上げ文字に起こすことで,『数学とはどんなものか?』ということを,読者の方と一緒に考えていきたいと思っています.本人は,整数論という数学の一分野を研究しています.1977年生まれ.
今まで書いたもの一覧



連載コラム『数学者的思考回路』
(裳華房ウェブサイト,共著)

■カテゴリー別
■新しいコメント
■リンク
■RSSリンクの表示
■カウンター

本の紹介『マインドストーム』
マインドストーム - 子供,コンピューター,そして強力なアイデア
シーモア・パパート(著),奥村 貴世子(訳)
未来社(3500円+税)


この本は、シーモア・パパート(Seymour Papert, 1928--) という数学者の書いた教育書です。あまり類のない珍しい作品ではと思いますが、読んで気づくことがとても多かったので、簡単に紹介します。わりと本格的な本だったので、きちんと理解できていると断言はできないのですが、分かった限りのことを記したい思います。

●   ●

この本の根底にある、学びと教育についての考え方は、
『子供は(そして人は)自分の置かれた環境の中から、自分の成長に必要なものを選び取って、自分の知識構造を組み立てていくのであって、その組みあがっていく知識構造は、一人ずつ異なった素材からできている異なった作品のようなものだ、したがって教育とは、一人一人が自力で自分用の知識構造をデザインしていけるように力を引き出してやることだ』
ということです。

それを踏まえて、この本では、
 『故意に教えなくても自然に起こるような学習を、どのように誘発させることができるか』
 『子供を、自分の学習を積極的に築き上げる設計者にするにはどういう方法が考えられるか』

等が論じられています。具体的には、当時急速に普及しつつあったパソコンが、小学生ぐらいの年齢の子供の学習に大きな可能性を持っている点について、その方法や実例が論じられていますが、考え方はかなり普遍的で、時代や対象年齢に関係なく当てはまるように思いました。

●   ●

何にでもあてはまることですが、たとえば数学を会得するためには、学校で数学を教わったり教科書を読んだりするほかに、個人的な活動としての数学が必要です。教科書には数学の正確な形式が書いてありますが、それが個人的な活動としての数学と結びついてはじめて、数学は面白くなるわけです。その意味では、あくまで個人的な学びが主であって、教わることは従に過ぎないのかな、と思います。どんなに「分かりやすい考え方」に触れることができても、自学が引き起こされなければ伸びない、とも言えるかも知れません。

教育書をいろいろ読んでいるわけではないので、ここにまとめたことは「どこにでも書いてあること」なのかも知れませんが、このような考え方をベースに教育のあり方をかなり緻密に分析している点で、この本は示唆に富んでいると思います。興味があったらぜひ読んでみてください。

本などの紹介 | 12:05:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad