■プロフィール

谷口隆

Author:谷口隆
数学を題材に綴るというちょっと変なブログですが,楽しんでいただけたらと思います.いろいろな数学を取り上げ文字に起こすことで,『数学とはどんなものか?』ということを,読者の方と一緒に考えていきたいと思っています.本人は,整数論という数学の一分野を研究しています.1977年生まれ.
今まで書いたもの一覧



連載コラム『数学者的思考回路』
(裳華房ウェブサイト,共著)

■カテゴリー別
■新しいコメント
■リンク
■RSSリンクの表示
■カウンター

本の紹介『数学の言葉で世界を見たら ― 父から娘に送る数学』
数学の言葉で世界を見たら ― 父から娘に送る数学
大栗博司著
幻冬舎(1800円+税)


このブログで以前に,大栗博司さんが連載している数学の言葉で世界を見たらというウェブマガジンを紹介しました.それが単行本になったので,もう一度紹介したいと思います.

本の帯には「楽しく学ぶ数学入門」とあります.この本が,数学の楽しさが分かるように,というのはまさにその通りなのですが,でもこの本はそれだけではありません.大栗さんは,数学を学ぶことの大切さや意義について,はっきりとした考えを持っておられて,序文と終わり,そしてあとがきで言葉にして語っておられます.テーマや話題の選定が素晴らしく,本に独特のリズムの良さ,奥行き,広がりが生まれているのは,その軸が明確だからかなと思います.

序文とあとがきについては,大栗さんのブログにも転載されています.
「はじめに」の転載があるページ
あとがきの転載があるページ
また,本文の最後はウェブマガジンで読むこともできます.
連載の最後のページ

内容の感想のようなものはまた改めて書けたらと思っていますが,なかなか類を見ない本だと思います.よければご覧になってみてください.(短いですが,今日はとりあえず.)

本などの紹介 | 12:40:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad